松林工業薬品株式会社

CSR BCP
(事業継続計画)

自然災害リスクに対応し、事業の継続・早期復旧を目指します。
予想される巨大地震などの緊急事態に遭遇した場合に、事業資産の損害を最小限にとどめ、事業の継続及び早期復旧のためにBCPを策定致しました。
松林は、人命・身体の安全確保を最優先とし、取引先への供給責任、サービスの維持及び従業員の雇用確保並びに地域への復興協力を通じ、企業としての責任を果たしていけるよう、定期的な見直し、従業員の教育に取り組んでいきます。

BCPの基本方針

松林工業薬品株式会社では、予想される巨大地震の発生及び発生後、人命・身体の安全を確保した上で社会に貢献し、お客様へのサービスを継続いたします。

①当社の従業員・役員及びその家族並びに災害時に来社されている皆様の人命・身体の安全確保が最優先と位置づけます。

②財務面の安定を図り、中核事業の存続と従業員の雇用を確保します。

③お客様への供給責任、サービスの維持・継続を図ります。

④地域と強調し、復興に協力し、社会に貢献します。

⑤当社の従業員または組織のために働く全ての人にこの基本方針及びBCPを周知し、教育・訓練を実施します。

ISO >
BCP >
事業継続力強化計画 >
行動指針 >
一般事業主行動計画 >
反社会的勢力排除宣言 >
SDGs >
ページトップ