松林工業薬品株式会社

CSR ISO

地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識し、松林は1999年12月にやよい産業㈱とともにISO14001を認証取得しました。「私達は美しい地球環境を守る」をスローガンとして掲げ、環境保全・リサイクル・汚染の予防等、環境配慮への具体的実現のために誠意ある事業を実施しています。
また、商社としての自覚を持ち、総合品質(企業活動すべての質)を強化するために2006年6月にISO9001を認証取得しました。品質・コスト・納期等の潜在・顕在ニーズに十分応える事業を通じて、お客様に満足される商品とソリューションを提供します。

松林が実践する環境
・品質方針

基本理念

経営方針『化成品と建材の和からより豊な未来を』を基本理念に、お取引様のニーズ及び期待に応えると共に、環境に配慮した製品・サービスの提供・提案をすることが、温室効果ガスの削減及び環境保護に繋がるものと認識し行動します。

品質方針

松林グループ(松林工業薬品株式会社及びやよい産業株式会社)は、法令及び法規制を順守し、お客様の要求や要望に迅速対応し、新しいご提案が出来るように社員の知識向上に努力致します。

①法令・法規制の改訂等の情報を速やかに取得し、従業員のコンプライアンス教育を徹底します。

②商品知識の向上に努め、事故防止及びお客様に新しい提案が出来るよう努力致します。

③事業活動の中、お客様のニーズに応えより高度なサービス提供が出来るよう努力致します。
a)お客様への声を聴き、事業活動に反映します。
b)納期を守り、お客様への安定供給に努めます。

環境方針

松林グループの事業は、化成品及び建設資材の販売等です。化成品や建設資材の中には、環境破壊を防ぐ効果の商品が多数あります。お客様に環境に配慮した商品を提案する事で、地球環境を守る事が出来ると認識し行動致します。

①松林グループの事業活動が環境に与える影響を把握し、技術的、経済的に可能な範囲で環境汚染及び事故防止に努めます。

②商品知識の向上に努め、お客様に環境に配慮した提案が出来るよう努力致します。

③事業活動の中で、次の項目を重点テーマに実行計画及び目標を策定し、監視・測定し、その達成に努めます。

MKY組織の従業員又は、組織のために働く全ての人にこの環境・品質方針を周知し、教育・訓練を実施します。

この環境・品質方針は、社内外に公表します。

2024年2月22日
松林工業薬品株式会社
代表取締役社長 松林 崇

活動内容

省エネ

電気使用料の管理

エアコンの温度管理
不在ヶ所の照明機器消灯
太陽光発電の運用
ノー残業デーの実施

燃費の管理

エコカーの導入

環境保全・品質・安全管理

環境・安全・品質

商品、交通事故の削減
安全会議の実施
安全パトロールの実施

汚染防止

排水処理施設のph測定
大井川センターの巡視

CSR活動

清掃活動

資源の管理

廃棄物管理

廃棄物量の管理

紙使用量管理

ペーパー使用量の管理
両面、縮小コピーの推進
電子保存の活用

ISO >
BCP >
事業継続力強化計画 >
行動指針 >
一般事業主行動計画 >
反社会的勢力排除宣言 >
SDGs >
ページトップ