松林工業薬品株式会社

CSR 行動指針

松林工業薬品では、行動指針を社内外に公表し、社員一丸となって邁進いたします。

私達の行動指針

1.企業の使命と社会的責任

私達は新しい価値の創造に努め、企業の継続的発展を図ると共に企業の社会的責任(CSR)を積極的に果たすことで、社会の健全な発展に貢献します。

①多様な個性と価値観を尊重し、新しい価値の創造に努めると共に、誠実に職務を遂行し、公正な事業活動を行い、社会の信頼保持に努めます。

②公正な事業活動を通じて利益を確保し、企業としての継続的発展を図ります。

③社会の持続的な発展に寄与し、社会との共存同栄を図ります。

2.法と企業

私達は、国内外の法令、法規制等の法的要求事項を順守し、健全な社会の一員として行動します。

また、反社会的勢力とは、取引関係を含め一切関係を持たず、これらの勢力からの不当な要求に応じません。

①法令、法規制及びその精神を順守し、違法な行為を行いません。

②会社の規則・ルールを守り、公私の別を明らかにして行動します。

③法令違反にならない場合でも、社会的良識に反する行為は行いません。

④会社の財産、信用、社会的評価を損なうことのないよう努めます。

⑤法令とルールに従った適正な経理処理と税務申告を行います。

⑥暴力団等の暴力、威力及び詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人(反社会的勢力)からの不当で反社会的な要求には公的機関や専門家とも連携し、毅然たる姿勢で対処します。

3.事業活動と価値の創造

私達は社会から信用・信頼される安全な製品及び専門工事並びにサービスを提供します。

①環境に配慮した安全な製品、専門工事、サービスを適正な価格で安定的に提供し、供給責任を果たし、顧客の満足と信頼を獲得します。

②ライフサイクルの視点を考慮し、製品、専門工事、サービスの安全性と環境保全に十分配慮します。

③社会の多様なニーズと期待を明らかにし、新商品、専門工事、サービスの向上に努めます。

4.公正と誠実

私達は事業活動において、自由で公正な競争と誠実な職務執行に努めます。

①市場における取引及び競争は、品質、サービス、価格などに基づき、公明正大に行い、不公正な行為につながる慣行にも従いません。

②競合他社や取引先、外注先を害する不公平または不当な手段による利益の追求はしません。

③事業活動において、政治・行政との健全かつ正常な関係を常に保ちます。

5.安全と環境

私達は安全の確保と地球環境の保全に、自主的、積極的に取り組みます。

①無事故、無災害を目指し、安全の確保、労働災害の防止に万全を期します。

②社員一人ひとりの健康の保持増進に努めます。

③ISO14001(環境マネジメントシステム)の運用を通じ、地球環境の保全に必要な省エネルギー、省資源、廃棄物の削減に取り組み、自主的、継続的に環境負荷の削減に取り組みます。

④廃棄物の再資源化に積極的に取り組むとともに廃棄物の適正な処理を実施します。

6.人権と企業

私達は事業活動において、人権を尊重し、健康で明るく働きやすい職場をつくります。

①個人の人格、個性など個人の尊厳を尊重し、相互理解に努め、不当な差別をしません。これには、強制労働、児童労働、人身売買を含むすべての非人道的行為を自ら行わないことはもちろん、そのような行為を行っている個人、団体と一切関わりを持たないことを含みます。

②健康で明るく、個人の能力を発揮できる、働きやすい職場環境をつくります。

③セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメント等の職場における嫌がらせ行為を禁止します。

④相互信頼を基調とした、良好な労使関係の形成維持に努めます。

7.情報と企業

私達は情報の保護と企業情報の正しい開示に努め、社会との円滑なコミュニケーションを積極的に行います。

①個人情報、顧客情報や取引先の情報の保護に努めます。

②会社に対する幅広い理解と信頼を得るため、企業運営の公正、透明性の確保及び企業の説明責任を重視し、利害関係者への企業情報の正確かつ公正、迅速な開示・提供に努め、円滑なコミュニケーションを図ります。

私達はこの「行動指針」に基づき、松林グループの企業や取引先と緊密に協力して、企業倫理の確立を目指します。

この行動指針は、社内外に公表します

2018年7月18日
松林工業薬品株式会社 
代表取締役社長 松林 崇

ISO >
BCP >
事業継続力強化計画 >
行動指針 >
一般事業主行動計画 >
反社会的勢力排除宣言 >
SDGs >
ページトップ